作業学習」カテゴリーアーカイブ

3学期のものづくり(食品加工)班

3学期は、 お二人の外部講師をお招きし、ご指導いただきました。

<味噌造り>
「新村こうじみそ商店」新村義孝さんに
味噌造りの指導を受けました。
ものづくり(食品加工)班の味噌造りも、3期目となりましたが、
毎回、新しい状況に戸惑い、
助言をいただきたいと思うことも多く、
その場に応じた対応を、作業の流れの中で教わっています。

新村さんに教えていただく味噌は、
昔ながらの富山の米こうじ味噌で、
昨年度仕込み分を10月の文化祭で販売したところ、
「おいしい」と好評でした。

味噌パッケージこの冬は、来年度の販売を目指して、
昨年度の2.5倍に当たる150kgの味噌を仕込みました。

アク取り浸漬した大豆を、丁寧に灰汁を取りながら煮上げます。

計量煮上げの作業と並行して、塩、米こうじを計量します。
「仕事の仕方は、常に改良を心掛ける」との新村さんの教えを心に刻み、
毎回、仕事の段取りを工夫しました。

チョッパー組立煮上がった大豆を潰すときに使うチョッパーの組み立ても、
煮上げ作業と並行して行う段取りの一つです。

豆確認煮上がり具合の見極めをご指導いただきました。

つぶしつぶし2煮上がった大豆をチョッパーで潰します。
大豆をチョッパーに投入する生徒、チョッパーを操作する生徒、
潰した大豆を計量し、タライに分ける生徒など、
役割分担し、協力して作業を進めます。

煮汁計量した「潰した大豆」・塩・米こうじ・煮汁を均一に混ぜ合わせます。
新村さんが煮汁の量を微調整してくださいました。

振り塩容器に詰め、振り塩をして、袋を閉じます。
重石を置き、熟成させます。
今期仕込んだ味噌は、気温が15℃を超えると、発酵を始めます。
来年度秋には、「黄金色の味噌(新村さんの言葉)」を
ご購入いただく皆様にお届けできればと思っています。

新村さん 講義1新村さん 講義2なお、新村さんからは、味噌のこと、仕事の基本などについて、
ご講義もいただき、知識を整理したり、理解を深めたりすることができました。

<農業セミナー>
「有限会社 土遊野」河上めぐみさんに、講義をしていただきました。
ものづくり(食品加工)班では、昨年7月に「有限会社 土遊野」を訪れ、
農場見学をしてきました。

農場 鶏農場 山羊今回の講義では、このときの体験を踏まえ、
「地域の農業について学ぶ」ことと、
「農産物の生産に携わる方との交流により、
扱う食品を大切にする意識を高める」ことを目的として、
様々なお話を聞かせていただき、
また、近しく意見交換をさせていただきました。

河上さん講義 (2)始めに、河上さんから、
「農業ってどんなイメージ?」と問い掛けられ、
思い思いに自分が描いている農業について発表し、
意見交換をしました。
「農業は天候に左右されやすく、一筋縄ではいかないことが多いが、
生き物と向き合う奥の深い業種である」という
熱い思いのこもったお話をいただき、
生徒たちも改めて農業の必要性や
携わる方々の思いに触れることができました。
河上さんのお話を踏まえて、生徒からは
「自分たちが作った製品を、
おいしいと喜んで食べていただけることが何より嬉しい」
という発表があり、ものづくり(食品加工)班としての思いを
再確認できた有意義な機会となりました。

今後、よりいっそう感謝の気持ちをもって食品加工に携わり、
米こうじ味噌や乾燥野菜など、
皆様に安全でおいしい製品を提供していけるように
努めていきたいと思います。

カテゴリー: 作業学習 |

木材をいただきました。

4月15日(水)
作業学習 ものづくり班(木材加工)が、
製作活動に使用する木材を取りに行きました。

DVC0004001材料を提供していただいた「カナディアンホーム」は、
開校当時から協力していただいています。

DVC00024DVC00038013人がけのベンチをお礼として渡してきました。
「休憩に使わせてもらうよ。ありがとう。」と言っていただき、
これからの製作意欲がわきました。

4月から新しいメンバーが加わりました。
今年度も高品質でみなさんに喜んでいただける製品を作っていきます。

カテゴリー: 作業学習 |

3学期の食品加工班

「とやまの県立学校人づくり推進事業」の一環として、
外部講師をお招きし、指導をしていただきました。

今年も、「新村こうじみそ商店」新村義孝さんに味噌造りの手ほどきを受けました。

P1010820煮上がった大豆を「チョッパー」を使用し、潰します。

P1010829潰した大豆に塩・こうじ・煮汁を入れます。
均一に混ぜ合わせ、新村さんの助言どおりのやわらかさに仕上げます。

P1010839容器に詰めたら、発酵が始まります。
出来上がった味噌は、平成27年度10月に行われる文化祭で販売する予定です。

地域の農業について学ぶことと、
農産物の生産に携わる方との交流により、
扱う食品を大切にする意識を高めることを目的として、
「有限会社 土遊野」河上めぐみさんに講義をしていただきました。

P1030160まずは、(有)土遊野の循環型農業の取り組みについて説明していただきました。
農業の大変さ・難しさ、その中にあるやりがいや喜びなどを伝えてもらいました。
命の大切さを知ることができ、食品に対する感謝の気持ちをもつことができました。

また、食品加工班では、来年度から干しリンゴの販売を予定しています。
河上さんから、リンゴの見た目やパッケージの重要さについてなど、
商品を販売する際に大切な視点についてアドバイスをいただきました。

P1030275新商品を開発していく中で大切なのは、
「記録を残していくことである」という言葉を受け、
特に2年生は、ものづくり(食品加工)班でも日々製品の試作を行い、
試作記録をつけていることについて報告しました。
今後、更に明確な目的意識をもって試作記録を集積していくことができそうです。

その他でも、疑問に思っていた事柄にわかりやすく丁寧に答えていただき、
とても参考になりました。
加工する食品を大切に扱い、
おいしく安全な製品を作っていこうという心構えも高まりました。

今回得たことを、これからの作業に活かしていきたいです。

カテゴリー: 作業学習 |

船峅小学校5年生の作業体験

10月23日(木)
本校近くの船峅小学校5年生(16名)が
ものづくり班(木材加工)、ものづくり班(食品加工)、環境班の作業を体験しました。

1 DSCN2624生徒会長が歓迎の挨拶をしました。

ものづくり班(木材加工)
木製コースター作り

3 P1010494① 材料の板に型を当てて、葉っぱの形を書きました。

2 P1010497② 電動糸のこで、下がきの通りに切りました。

4 P1010508③ サンダーを使って、やすりがけをしました。
コースターをサンダーに当てる角度や力加減について
丁寧に教えてあげました。

5 P1010543④ 仕上げに、オイルを塗り、完成。
できあがったコースターに大満足の児童たちでした。

ものづくり班(食品加工)
船峅小学校で収穫した姫りんごを使ったジャム作り

6 P1010520 7 P1010516① 姫りんごの芯を取る作業です。
りんごが小さいので、なかなか難しい作業でした。

8 P1010548② 砂糖、蜂蜜を入れて、焦げないように加熱しました。

9 P1010549③ ジャムをのせるホットケーキを焼きました。
ホットケーキを裏返すタイミングを教えてあげ、
ジャムをつけておいしくいただきました。

環境班
スクイージーやウオッシャーを使った窓拭き体験

10  P1010489① 窓の拭き方を自作のビデオで確認しました。

11 P101053212 P1010539② 実際にスクイージーを一緒に動かし、
窓に当てる力加減や角度について、手本を示しながら教えてあげました。

1314 P1010540③ ウオッシャーで、磨いて仕上げました。
縁の磨き残しに注意することなどのポイントについてもしっかり教えてあげました。
きれいになった窓に驚きの様子の児童たちでした。

この体験をとおして、
相手と目を合わせて、分かりやすく作業の仕方を伝えることの難しさが分かり、
私たちにとってもとてもよい勉強になりました。

船峅小学校5年生の皆さん、おつかれさまでした。
そして、ありがとうございました。

カテゴリー: 作業学習, 地域との交流 |

環境班 通学路歩道除草

9月30日(火)
作業学習環境班が通学路の歩道の除草作業を行いました。
毎日自分たちが歩く歩道の草を、草払機を使って除草しました。

IMG_4252作業前の歩道の様子です。

IMG_4254周囲に小石などがはねないように注意をしながら交代で作業を行いました。

IMG_4272作業終了後。歩道脇の草がきれいになりました。

今後も環境班で継続して行っていきたいと思います。

(事前に道路管理担当課の許可を得て行っています)

カテゴリー: 作業学習 |

福祉班の作業実習

9月18日(木)
2学年福祉班の生徒が、
『社会福祉法人 宣長康久会 特別養護老人ホーム ささづ苑』で
作業実習を行いました。

今回は、9時30分から14時30分まで1日を通しての実習でした。

1759まずは、利用者さんの湯飲みを回収して洗いました。

1765お風呂からあがってこられた利用者さんに、
飲み物の希望を聞いて、準備を手渡しました。
また、一度にたくさんの方が来られたときは大変でした。
手際よくできることが、大切だということが分かりました。

1769職員の方に、やり方を教えていただきながらシーツ交換をしました。
マットレスや掛け布団のシーツを交換しました。

1780昼食時には、汁をこぼさないように、気を付けながら食事の配膳をしました。
食事の後は膳を下げて、片付けをしました。

1789午後は、音楽の時間があり、お手伝いをしました。
曲に合わせて、歌詞を読んだり、楽器を配ったりしました。
知らない歌ばかりで、正しく指示棒を移動させるのが難しかったです。

ささづ苑では、学校の作業学習の時間にはできない実習をたくさんさせていただきました。
今後も、実習を重ねて、現場で働ける力付けていきたいと思います。

カテゴリー: 作業学習 |

環境基礎班が廊下にワックスをかけました。

2月25日(火)
環境基礎班が廊下のワックスがけを行いました。

DSC02477   作業中の半日は、廊下を通行止めにしました。
まずは糸モップで汚れを落としました。

DSC02485これまで練習してきたポリッシャーの扱いにも慣れてきました。
二人組みで交代しながらポリッシャーを操作し、汚れを取っていきます。

IMG_3086スクイージーで水を集めたり、
バキュームで汚れを吸い取ったり、
それぞれの仕事に責任をもって取り組みました。

IMG_3090終わった後の廊下はぴかぴかになりました。
仕上がりがきれいだと、達成感も大きいです。

これからは、一年間使った自分たちの教室にもワックスをかけます。
自分たちできれいに仕上げて、新一年生を迎えます。

カテゴリー: 作業学習 |

福祉基礎班が専門家によるセミナー(福祉基礎班3回目)を行いました。

2月20日(木)
福祉基礎班が専門家を招いて今年度3回目のセミナーを行いました。

CIMG1312講師名前CIMG1308今回のセミナーでは、ベッドから車いすへの移乗介助に取り組みました。
まずはベッドの上で起き上がりの介助をします。

IMG_3055二人組みになって練習しました。
ちょっとした声掛けが介助される人を安心させます。

IMG_3059なんとか車椅子に座らせてあげることができました。

 介助者が腰を痛めないような、適切な方法を学習しました。
ちょっとしたコツをつかむと、
スムーズに介助できることが分かりました。
今後の作業学習でも継続して練習していこうと思います。

カテゴリー: その他の出来事, 作業学習, 進路指導 |

ものづくり基礎班(木材加工)が企業実習(3回目)を行いました。

2月20日(木)
ものづくり基礎班(木材加工)は、
日頃から材料を提供していただいている、
カナディアンホーム(株)で企業実習を行ってきました。
(カナディアンホーム(株)のサイトはこちら

IMG_3173IMG_3150まずはモデルハウスを案内してもらいました。
家造りのおもしろさや難しさについて話を聞きました。

IMG_3316近くにある工場に移動し、
工事責任者の下伏さんから話を伺いました。
木材はここで決められた寸法にカットされ、
パネルを貼り合わせてから現場で組み立てられます。

IMG_3194職人さんが作業されている様子を見学しました。
パネルが正確に組み上がっていました。

IMG_3245IMG_3296機械工具を使った実習では、
釘打ち機での釘打ちや、丸のこでの切断を体験しました。
機械や道具を適切に扱うことで、作業効率が格段にアップします。
しかし、職人さんでも、安全には一番気を付けていると教えていただきました。

生徒たちからの質問に、丁寧に答えていただき、
「怪我や失敗をするのは、難しくて危ない所よりも、簡単で油断する所」
「作業に関するスキルも大事だけど、
働きたいという強い思いや気持ちをもつことはもっと大事だ」
と教えていただきました。

ものづくりへの関心が高まると共に、
作業学習を進める上での注意点を改めて確認することができました。

カテゴリー: その他の出来事, 作業学習, 進路指導 |

専門家によるセミナー(環境基礎班 2回目)を行いました。

2月18日(火)
太平ビルサービス株式会社の岡本氏に来校していただき、
「専門家によるセミナー(2回目)」を開催しました。
(太平ビルサービス株式会社のサイトはこちら

IMG_3021まずはじめに、窓ふきについて話を伺いました。
道具の持ち方や手の動かし方に気を付け、
上手に扱うことが大事です。

IMG_3029ホワイトボードをガラスに見立てて、
一人ずつ練習をしました。
スタートとゴールを意識して取り組みます。

IMG_3032廊下のガラスを全員で磨きました。
むらなくきれいに仕上げるのは簡単ではありません。

IMG_3037一人一人に丁寧に指導してくださいました。
窓に水滴を残さないようにするには、
ウェスでしっかり拭き取ります。

IMG_3042ポリッシャーの使い方も教わりました。
自由自在に扱うことができるようになるには、
まだまだ練習が必要です。

実際にその仕事をしていらっしゃる方々から指導を受け、
清掃業務の奥の深さを学びました。
さらにスキルアップできるよう、
今後の作業学習に取り組んで行きます。

カテゴリー: その他の出来事, 作業学習, 進路指導 |